茜庵

ものづくり

【第七回】あっことあんこの
お月見団子

自宅でつくる季節の和菓子「あっことあんこ」
七回目の今日は、お月見にまつわるお菓子が登場です。

今回は息のあった、二人のお餅つき(?)が見どころですよ。

みどころは、実は二回!秋のお月見。

あっこ:

師匠、お月見といえば9月のイメージだったんですが

松村:

実は秋のお月見は2回。1回目はあっこさんの言う通り9月。これがが俗に言う、15夜ですね。
もうひとつは、10月の13夜。

あっこ:

15と13・・・

松村:

そうです、収穫祭の意味合いもある行事なので、それぞれ芋名月と栗名月という別名もついています。
片見月は縁起が悪い、なんかも言われて、二回楽しむのが通とされますよ。

あっこ:

そう言われると、したくなるなあ(笑)

松村:

ということで、今回はお月見団子の作り方。15夜は15個、13夜は13個、それぞれ盛りつけますが
レシピは同じです。

【あっことあんこの お月見団子】(28個分)

・上新粉:300g
・もち米:100g
・上白糖:400g
・水:420g
・色粉:少々
*あんこをつけたい場合は、お好みで。

全ての材料を混ぜて、30分ほど蒸し上げる。

松村:

今回のレシピはとってもシンプルです。
まずは、全ての材料を混ぜて裏ごしをする。4分の1ほどの生地は黄色に色付けて、取り分けておきましょう。

あっこ:

黄色と白の割合が1:4。これは何か意味があるんですか?

松村:

あ、これはですね、遊びです(笑)ので、バランスはお好みで大丈夫ですよ。

あっこ:

なんだー!すごい意味があるのかと思ってましたよ、師匠!

蒸しあがった生地を、布巾や綿棒で均一に混ぜる。

ほわっと蒸気があがって、美味しい時間。

松村:

蒸しあがった生地を、布巾に入れて、揉み込んでください。あついので、気をつけて。

もしくは、ボールに入れて均一に混ぜていきましょう。

濡れ布巾を下にひくと、グラグラうごかず、作業がしやすいですよ。

ころころ丸めて、お団子をつくる。

計量で、ピタりの数字が出た時は嬉しい!

あっこ:

(くるくると丸めながら)何個つくるんでしたっけ?

松村:

くるくると丸めて、お団子を作っていきましょう。そうそう、いい手つきです。

松村:

十五夜だと15個、十三夜だと13個ですね。つづいて並べていきましょう。

松村:

土台を作って、少しずつ黄色のお団子も混ぜていきます。


あっこ:

できた!

松村:

いいですね。ちなみに、こんなパターンもあります。

あっこ:

なんか師匠つくってると思ったら・・・これは・・・何??

松村:

小芋の形です(笑)。9月が芋名月という別名がついているという話がありましたよね。なので、お団子も小芋の形。あんこは、雲に見立ててのせています。

あっこ:

二回の月見に、芋名月。お月見団子、意外と深いなあ〜・・・

意外と奥が深い、お月見団子。完成です!

さあ恒例の、あっことあんこのティータイム。

お月見ですので、ティータイムはお外で。

松村:

お月見なので、外で食べてみましょうか。茜庵の庭をご用意しました。

小芋の団子も、ハリネズミみたいで可愛い。


気持ちの良い秋風とともに、
今宵も素敵な月が、おがめますように。

お疲れ様でした!あっこちゃん。

この記事で紹介したお菓子

国産栗を散りばめた秋の蒸菓子「秋乃」

栗名月になぞらえた
秋の蒸し菓子。
ほっくりとした栗・芋の甘みと、奥深い丹波大納言の味わいが 口いっぱいにひろがります
商品ページへ
菓游 茜庵

菓游 茜庵

四国徳島城跡をのぞんで佇む、静かな菓子の庵。 上質ながら、遊びごころあるお菓子づくりを大切にしています。 心地よく和と暮らすお手伝いができれば幸いです。

菓游 茜庵のこと

オンラインショップ
Pageup