茜庵

ものづくり

【第一回】あっことあんこの桜餅

自宅でつくる季節の和菓子「あっことあんこ」
第一回は、「桜餅」。

私たちが、あっこちゃんを和菓子づくりに誘った経緯について、詳しくはこちらから。

(あっこ)
師匠、よろしくお願いします。
松村
いやいやいや、とんでもない。
こちらこそよろしくお願いします。
さっそくですが、こちらが今日のレシピと道具です。

【あっことあんこの桜餅】

材料  (7個分)
・道明寺粉 100g
・こしあん 120g
・グラニュー糖 50g
・水 210g
・ピンクの色粉 少々(使うのは、爪の先くらい)
・桜の葉っぱ 7枚
・手水 少々(砂糖:水=1:5)
→桜の葉っぱとお餅をくっつきにくくするのに使います。

(松村)
おおまかな流れとしては、生地をつくってあんこ玉をいれて、桜の葉っぱで巻いたら出来上がりですね。
なお今回は、あんこは作りません。
(あっこ)
!!あっことあんこの初回、あんこは作りませんと!!
(松村)
そうです。あんこづくりは、非常に奥が深いので・・
(あっこ)
深いので・・・
(松村)
次回、詳しくやりましょう。今日は茜庵の自家製あんをご用意したのでこれを使います。

あんこは和菓子屋の命だから・・と真顔で語る松村。


(あっこ)
美味しいやつ!じゃあ、初回に関してはご家庭でご用意くださいということで。
(携帯をみながら)あ、アマゾンでも買える。
(松村)
そうです、なんでも揃います。あんこの炊きかたは、次回、ゆっくりお伝えしますね。

まずは、桜餅の生地づくり。

お菓子づくりで大切なのは、ちょっと面倒でもしっかり計量すること。

松村
まずは、水210gを50度ほどのぬるま湯に。
続いてぬるま湯に色粉をいれて、淡いピンク色に着色してください。
すこしずつ道明寺粉をいれて、やさしくかきまぜ、ダマをなくしましょう。

(松村)
5分ほどおいて吸水させたのちに、砂糖をいれて、弱火で適度な固さまで練りこみます。
ボールや平らな容器に移し変えて、ラップをかけてください。

(あっこ)
蒸らすんですね。
(松村)
そうです。で。蒸らした餅生地を、1個分(35g)ずつ取り分けたら、第1ステップ完成です。

(あっこ)
料理で適度な固さって言われるのが一番困る(笑)
(松村)
そうですね、まず吸水の目安は、表面に水気がなくなり、指で押して型がつくくらい。

(松村)
つづいて弱火で練るのは、かたまりになって、ぽってりと落ちるくらいを目安にしてください。

続いて、あん玉をつくります。

二人の息があってきました!


(松村)
市販のこしあんをコロコロと転がし、筒状にしたら、1個分(17g)に切り分けましょう。

(松村)
手のひらでまるめて、球状にできたら、第二ステップは、終了です。

仕上げです!生地であんこを包んで桜葉をまく

わ!終盤で途端に難易度あがった!


(松村)
まずは、手水をてのひら全体ににつけて、1個分(35g)の生地を広げ、中央にあん玉を置いてください。

(松村)
手のひらでころころっと転がすように球状に包み込み、綴じ目を下に。

(松村)
まあるい球状を、俵形にちょっとならすかんじで。

桜葉の葉脈が外側にくるようにして、くるりと一巻きしたら、完成です。

(あっこ)
これ難しい。コツおしえてください師匠!
(松村)
あん玉を包むのは、結構難しくて。職人が最初に習う技術の一つなんですよね。
手のひらでころころ転がすように包んでいって、綴じ目をピタリと。

(あっこ)
(黙々と練習しながら)あ、なんかできてきた気がする。
(松村)
筋、いいですねえ!あっこさん。

さあ!いただきましょう

あっことあんこのティータイム。


(あっこ)
美味しい!うれしい。

(松村)
黒文字(菓子を切る楊枝のこと)がスっとはいりますよね。
(あっこ)
はいりました。

(松村)
これ、美味しい桜餅ができたということです。
(水分が)べちゃっとならず、綺麗に包めてる。
(あっこ)
よかった!これみんなに食べさせてあげたいから、持って帰っていいですか。楽しかったー!

おつかれさまでした!あっこちゃん。

*あっこちゃんの割烹着 提供:Jockric

次回の「あっことあんこ」は・・・

次回の「あっことあんこ」は、わらび餅を作る予定です。お楽しみに!

あっこちゃんからのおしらせ

3月のOLUYOは、ほっこりしたイベントがてんこ盛り。
詳しくはこちらから。

菓游 茜庵

菓游 茜庵

四国徳島城跡をのぞんで佇む、静かな菓子の庵。 上質ながら、遊びごころあるお菓子づくりを大切にしています。 心地よく和と暮らすお手伝いができれば幸いです。

菓游 茜庵のこと

オンラインショップ
Pageup